フレール西経堂ニュース第143号より抜粋

フレール西経堂ニュース第143号より抜粋

■東京23区自治会協議会・第34回定期総会に出席
 

 平成25年6月2日(日)午後2時~4時、江東区のティアラこうとうにおいて、第34回定期総会が開催されました。

 出席は32団地のうち25団地の113名。

 まず、角幡副会長の開会の挨拶、続いて林会長、来賓の挨拶があり、中島事務局長から、品川区の八潮南団地(530世帯)の加入の報告がありました。

 議事は2012年度活動報告、2013年度活動基本方針提案、続いて2012年度会計決算報告、2012年度監査報告、2013年度予算提案と進み、全会一致で承認されました。

 続いて2013年度の新役員について、選考委員長から今年度の幹事17名、会計監査2名が紹介され、最後に足立副会長の閉会の挨拶により終了。その後懇談会が開催されました。

以下に2013年度の活動基本方針、16項目を記します。

1.公団住宅の売却、削減、民営化に反対し、公共住宅として守ります。

2.2014年度の家賃値上げ反対、高家賃引き下げ、公共住宅が公営住宅に準じた家賃制度の導入により、高齢者や子育て世帯が安心して住み続けられるようになるため、国会議員と連携を深め、議会、区議会に働きかけを進めます。

3.公共住宅への定期借家制度の幅広い導入に反対し、試行実施の撤回を要求します。

4.都市機構が自治会と自治協に約束してきた、修繕・団地環境改善など諸事項について引き続き守るよう運動を進めます。
 共益費の運用に当たっては自治会と話し合い、使途明細に基づき引き下げに努力します。管理の競争入札反対、居住者の利益になる運営を要求します。

5.都市機構は、法人入居者、外国人入居者などにともなうトラブルを防止するための管理責任を果たすよう求めます。

6.高齢者向けの優良賃貸住宅の継続を要求し、高齢者住宅拡充を求めます。

7.超高層団地の抱える諸問題の解決に向け都市機構と話し合いを進めます。

8.不法駐車・放置自転車の解決、駐車場、自転車、オートバイの置き場新増設、来客用駐車場の拡充、犬猫飼育の禁止、環境悪化をもたらす施設阻止など、環境改善に取り組みます。

9.自治会と自治協強化のため加入を促進し、組織の拡大を図ります。

10.東京23区公団住宅自治会協議会の財政基盤確立のため、自治会の協力を得ながら事業活動を進めます。

11.自治会の交流と連携を深めるブロック会議の開催や諸行事を企画します。

12.全国公団住宅自治会協議会の一員として、全国統一行動をはじめ全国的な運動に取り組みます。

13.公団住宅の暮らしと平和にかかわる課題(後期高齢者制度・年金問題・原子力の見直し等々)については積極的に取り組みます。
 消費税の税率引き上げに反対し、食品への税率の引き下げを要求します。

14.公共住宅を増やしていく運動や、高齢者や子育て世帯への家賃補助施策の推進を求め、居住の権利を守る運動を他団体と連携して進めます。

15.東電の原発は直ちに廃止し、安全なエネルギーに転換させます。

16.東京直下型地震に備え、防災対策を抜本的に見直します。
 機構と江東区の防災協定を評価し、他の自治体と機構の防災協定を推進します。

当自治会からは会長、副会長、事務局部長の3名が出席致しました。



■高齢者昼食会で「お母さん助けて詐欺」講習会があり、注意を促しました。


6月23日、毎月第4日曜日に行われている高齢者昼食会で、「母さん助けて詐欺」の講習会が行われました。

成城警察署管内で「旧振り込め詐欺」の被害者が増えていることから、当日成城警察署の担当署員2名が訪れ、昼食会終了後に講習をして下さいました。

この昼食会は当自治会の会長が主催しており、70歳以上の方が参加対象となっています。参加者には実費として400円をいただいております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック